テーマ:大乙

自動機客車(塗装)

 アルモデルの自動機客車を塗りました。  こちらも放置状態だったもの。前後妻窓のガラスはめ込みが面倒かなあというのと(やってみたら簡単)色が決まらんかった。  車体上半部はタミヤ木甲板色に決めていたのだけれど、下半部が決まらない。茶系・青系・緑系のどれにしてもどっかで見たような配色になるのよネ~。  結局のとこ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

フェルトバーンタイプ小型DL(塗装)

 アルモデルの小型DLを塗りました。  昨年の10月には形になっていたのですが、その後なぜか調子が落ちてしまって放置しておりました。  1段目を平ギヤ伝動から摩擦車伝動に変更して、調子が戻ったので塗装しました。上回りがタミヤの灰緑色(日本海軍)、下回りがジャーマングレー、バッファーはマットブラックです。  アラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデル Oナロー炭車A

 アルのOナロー炭車Aを大乙にしてみました。  だいぶ前に、はまとんさんに譲っていただいた炭車です。改軌するのはたいへんだろうなと思っていたのですが、始めてみたら簡単でした。  改軌にあたって変更するのは、台枠の車軸のアタリとなる部分を内側に向けて曲げるということだけ。外側に曲げてしまうと改軌した車軸がはまらなくなり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自動機客車

 アルモデルの自動機客車を組みました。  これも大乙(1/48 13mm)ですが、今回はアルモーターから摩擦車でFMギヤに伝動しています。摩擦車で約4.7:1、FMギヤが8.5:1(高速用)ですので、全体では約40:1になります。    前から見ると摩擦車が目立つので、救助網を畳んだ状態で固定しようと思います。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フェルトバーンタイプ小型DL

 アルモデルの小型DLを組みました。  大乙(1/48 13mm)とするために、動力は自作のものと交換しました。前に自作した(これも大乙)足尾のガソと同じで、アルモーターからレインボーのギヤでFMギヤのウォーム軸に伝動するものです。  キットの動力は他に流用する予定なので、試走を終えたらしまいこみました。WB15m…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

足尾のフォード(タイプ) 3

 昼間あたたかくなったので色を塗りました。  下回り・キャブ屋根・排気管がタミヤジャーマングレーで、ボンネットの大部分とキャブが鉄道カラーの青22号、ボンネット先端がタミヤアルミシルバー、ラジエーターが黒です。  プロトタイプの復元機のキャブとボンネットはピカピカの黒なのですが、模型としては明るい色のほうがひきたつと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足尾のフォード(タイプ) 2

 Oナローとしてはかなり小さいです。  上回りは仮に載せただけです。キャブ屋根は0.3tの真鍮板、縁は万力にはさんで玄能でたたいて曲げてからヤスリで整形。  排気管は1510の細密パイプをガス火でなましてクネッとさせて屋根を貫通しています。  台枠のボルトは0.8径真鍮線・・・そろってないし~(泣)。ヤッツケ仕…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

足尾のフォード(タイプ)

 大乙の1両目は足尾のフォード(タイプ)になりました。  ボンネットはモデルカーからもってきたので楽だったのですが、キャブはそうもいかず、プラバンを切りきざんでデッチアゲました。  リベットなどが付いているもので、縫い針でボチボチ押しだしましたがめだちませんね~。  ボンネットはブガッティ?のものなので、「タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乙動力 3

 バラして始めから作り直しました。  7月に「これで良いことにして・・・」なんて言っておきながら、年明けにさ~て上回りでも作ろうかとひっぱりだしてみたら走らないんですよね、これが。  FMギヤは車軸の自由度が大きいので、フレームを作って車軸の動きをおさえたうえに、ウォーム軸も片側は固定したのに~(もう片側は軸が出てい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大乙 試運転盤 2

 試運転盤に砂をまいてボンド水溶液で固着中です。  縁の部分をステインで染め、マスキングしてレールと枕木を塗ってから砂をまいてあります。乾燥したら草をまこうと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乙 試運転盤

 きのうの会合に持っていくつもりが間に合いませんでした。  シノハラの13mm軌間フレキを使ったR140 70の試運転盤ができました。先月末に作った大乙動力にウェイトをかけて馴らし運転中です。  回しっぱなしなのでモーターの過熱が心配ですが、電圧が低いので大丈夫です。モーターはアルの新型に変えてあります。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大乙動力 2

 アルモーターをフレームに両面で貼ってオシマイと思ったのですが・・・。  通電してみたら、下のギヤが逃げているようでギクシャクします。作用と反作用というヤツですかね。やはりモーター台とウォームシャフトの軸受だけは作らなくてはダメなようです。なかなか手抜きはできません。・・・で、作ってみました。  モーター台は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乙動力 1

 軌間13mm WB17mmの動力を作ろうとフレームからはじめました。  IMONギヤ利用であればフレームは無くてもすむのですが、軌間13mmなのでフレームを作ってFMギヤを使います。  FMギヤの連動用シャフトを切ってパイプでつなぎ、フレームに合わせてWB17mmにしました。今回は外側にダミーの台枠をつける…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more