テーマ:On30

九十九里の単端 2

貼りあわせ中。  はまとんさんにいただいたレーザーカット済みキハ100は製造当初の姿を模型化したものなので、裏返してリベットを打ちだしてニセスチールとして作ります。  妻窓も3枚同寸になってからのかたちにするため、窓柱を切りとって等間隔にはめなおしました。  そのあと側と妻の窓枠板・ドア裏打ち板をサーフェサーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九十九里の単端

サフ吹きから始めました。  はまとんさんからいただいたレーザーカット済み九十九里キハ100です。サーフェサーを吹いて軽く刃をいれました。  これは製造時のカタチをしているのですが、できればニセスチールになってからの姿にしたいもの。  そうなると、少ないながら車体にリベットが見えるので、薄いペーパーにリベットを押…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 5

塗装には気温が低すぎ。  午後になって、ある程度気温があがるのを待って、さらにドライヤーで暖めながら塗りました。  台枠は簡単、下地としてトビカトップガードを塗ってからジャーマングレーを塗っただけです。  車体は同じくトビカのあと、リノリウム甲板色を塗って排気管だけ覆い、インシグニアホワイトを塗って水研ぎ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第13回軽便鉄道模型祭 開場前のONMCと栂森さんとこ

自分は新作はなんにもないけど軽便祭には参加。今回は9時前に会場にはいれた。  会員もそろいモジュールを開梱して並べたところ。  今回も順調に接続完了。お客さん側から見て左から順番に。  こちらはメインモジュールとは離して展開した小レイアウト群。  は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーゴトラック 2

窓ガラスと前照灯がまだ。  ホイールが新しいタイプなので、キャブをあまりクラシックにしてしまうと似合いません。  スポークホイールにして、サイドオープンのキャブをつけたヤツを作ってみたいですね。  シャーシを延長すればボンネットバスにもなるかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーゴトラック

ちょっとクラシックなトラック。  タミヤ 1/48 ソビエト 1.5トン カーゴトラックを改造中です。リヤタイヤをシングルにして荷台幅をつめ、アオリも低くしてキャブを密閉式にしています。(フェンダーは裏にエポキシを塗って角をまるめた)  しかしながらです・・・。これは本筋ではありません。本筋はこのキットからボンネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 4

ヒレナシイコライザー。  逆ひねりの回転軸が台車中心からずれている変則的なヤツ。このほうがコンパクトですがやっぱり非推奨でしょうネ。  台車がリジッドなので効果はあまり期待できません・・・というか、これってやっちゃいけない組み合わせでしたっけ。  いちおう台車心皿に真鍮線をうめこんで縦曲線に対応させたつもりでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 3

台車を作り直しました。  どうも風邪なぞひいておってなかなか進みません。前回は運材台車をプロトタイプにして台車を作ったのですが、車体に比べて小さすぎるようです。  はまとんさんからいただいた画像を再確認したところ、台車には板バネがついているように見えますね~。  推測になりますが、この台車は鉄聯のものを流用した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 2

勿来の客車の台車です。  鋼製運材を参考に作ろうとしたのですが、小さい小さい。とてもスケールでは作れないので、長さ・幅とも 6mmずつ拡大しました。  それでも 隣りに並べた土工トロッコよりひと廻り小さくなりました。同じものをもうひとつ作らなければなりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車

はまとんさんからレーザーカット済みのペーパーをいただきました。  とりあえず、勿来のほうを用紙のままサーフェサーを裏に1回、表に3回吹いてから、カッターを軽くあてて部材を切りだしました。  側板・妻板とも、部材にサーフェサー(缶スプレーをビンの中に吹いたもの)を筆塗りして貼り合わせました。  シル・ヘッダーを貼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ONMC会合

今年最初の会合がありました。  皆さんの新車を見せていただきました。自分のは作りかけのアルカトー7トン。はまとんさんからはレーザーカットの宮崎県営と勿来の客車をいただきました。  帰る途中のブックオフではジョン・ダニングの「幻の特装本」を 108円で入手。いい一日でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 4

ハンダ付けはだいたい終わり。  あとは軸受け(ダミー)を接着剤で貼れば組立ては完了・・・。窓枠は塗装後に接着する予定です。  台枠に 1mm径真鍮線でボルトを表現したのを除けば素組み、でもキャブ幅がけっこうシビア・・・。  前後妻板を点付けして台枠に載せ、無理なくはまれば完全にハンダを流して終わりなのですが、き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 3

自作動力を取付けました。  7トンに自作動力を取付けようとしたところ、取付け用の中梁と集電シューがあたって付けられません。  せっかく作った集電シューを廃棄して、動力の側面部分に集電シューをネジ止めするよう改めました。  2mmビス 1本で動力を中梁に固定しましたが、クリアランスがきびしいので、DCC化する前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 2

動力は難産でした。  奥のOn2の動力は、いつも通りのモーター端子に直に集電シューを付けるタイプなので、問題なく完成。これはアルのOナロー加藤4トンを改軌するのに使うためのもの。  手前のOn30の動力がアルモデルOナロー加藤7トンに使うものなのですが、ONMCのモジュールを走行させるのが目的なので、DCC仕様にしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 1

下回りのバーナーによるハンダ付けが終わったところ。  バーナーでのハンダ付けはハンダの量を多くして、かなりがっちりと付けておきました。  この後ハンダ鏝で隙間埋め(床板と端梁の隙間)をするのでバラけると困るもんで・・・。  動力装置取付金具はまだ付けていないのですが、動力を先に作ってからにしようと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再開します

家庭の事情で更新できませんでした。  軽便祭も途中までしかいられなかった。(お買物だけはしっかりとしていたりして・・・)ONMCの皆様にはご迷惑をおかけしました。  とりあえずアルカトーを作ることから工作を再開しようと思いますので、よろしくお願いいたします。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤製作所4トンGL 塗装

無難にブルーに塗りました。  年賀状用の画像を撮るために、朝早くから塗装です。気温が低いので電気ストーブで暖めながら塗ったらユズ肌になってシンナードボン。  バタバタしているうちに気温もあがってきて、「急いては事を仕損じる」を地でいったことになりました。  画像にしてみるとハンダがまわっていないところがあるのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤製作所4トンGL

海軍マークなしで作りました。  けっきょくOn30にしました。ナベトロを牽かせてモジュールを走らせたかったんですよ~。  動力もキット付属のものを使ったので素組みということになりますね。  台枠にボンネット・キャブがかぶさるのですが、寸法がシビアで苦労しました。  明日塗装ができれば年内完成だ~。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナベトロ塗装カプラー取付け

 6両できました。  On2の車両を作りはじめてからウチのOn30の小型車両は冷遇されていたのですが、これでやっと牽かせるものができました。  半径5センチのカーブを通るので一安心ですが、自分の予想より連結間隔が広いようです。ウ~ン・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナロー朝顔カプラー用マグネットリンク

 マグネットリンクを作ります。  エコーの細密パイプ1210に1mm径1.5mm長のネオジム磁石に瞬着をつけて挿しこみます。  磁石先端から4mmのところでパイプをカットして、反対側に1mm径真鍮線に瞬着をつけて挿しこみます。  磁石先端から7mmのところで真鍮線をカットします。真鍮線の部分だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルのナベトロ

 小運転盤用にナベトロを作ります。  Oナローを始めた時にも作ったのですが、それはアルの内燃機関車とともに後輩に譲ってしまいました。  今回はONMCのyuzzuさんのナベトロを参考に台枠角をヤスってまるめました。塗色もパクるつもりです。  台枠補強の横梁は切除しましたが、あとから画像を検索してみると、縦梁なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況なんど

ようやく動きはじめました。  あの猛暑で体調をくずして以来なにも工作できず、軽便祭も搬入のお手伝いをしたのみ。(旧作モジュールはもちこみましたが・・・)  秋も深まる今日このごろ、ようやく気力も回復して動力車をシコシコとDCC化しております。  集電シューとモーターはピンを経由させて結線していたので、デコーダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リサイクル軽工作

コンビネーションの下回りをリサイクルしたフラットカー。  先日、コンビネーションに変則ヒレナシイコライザーを取付けたときに、床板から新造したので下回りが余りました。  もったいないのでコイツでフラットカーを作ってやろうと・・・。不要なステップ等をもぎとり、両サイドをプラ角で拡幅、端バリも新製。  ステークを立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルパワー HO-24.5Bを使ってみる

パワトラからアルパワーに換装してみました。  まずは、アルパワー HO-24.5Bを組み立てました。「本体突起」をモーター端子にきちんと入れることに気をつければ、あとは簡単に組み上がります。(個人の感想です)  画像はパワトラ(WB-24.5)との比較です。WB-24.5にあるフレーム前後の欠き取りは、アルパワーには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 7

変則ヒレナシイコライザーを取付けた。  この車体は谷津の会合に持参したときに、運転盤のSカーブで脱線転覆をくりかえしたヤツです。  車体は1mm厚プラバン・屋根は木製で、台車センターピンにコイルバネを入れる通常の仕様でした。  いろいろと等角逆ひねりを試したのは、この車体を安定した状態で走らせたかったからです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナロー客車の塗装変更

塗り替えました。  アルの南筑客車改と小型ボギー客車へのイコライザー装着を祝して?塗色をダルレッドからイエローに塗り替えました。  台車も台車枕梁固定のバックマンのアーチバーからバネ入りのKadeeのものに交換したので、バックマンの台車が余りました。(未使用の在庫もあるノダ。)  重心の低い無蓋車などに、通常の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 6

フカヒレイコライザーとヒレナシイコライザー  アルのOナロー小型ボギー客車Aにフカヒレイコライザーを取付けましたが、うまく作動しません。(TдT) 16番ではうまく作動したのに・・・。  16番のは仙台のK野さんのブログの記事どおり(コチラ→http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/201…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

等角逆ひねり 4

試運転です  Sカーブにもよく追随しますが、この運転盤には勾配も分岐もないので次の集会のときにクラブのモジュールで再度試運転をすることにします。  床板下面から枕梁下面までの寸法が大きいのと、イコライザーの製作がめんどくさいのが欠点ですネ。  あと画像ではよく見えませんが、カプラーが端梁からだいぶでっぱっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 3

 イコライザー   組込むとこんなふうになります。  動作がカクカクするという問題がありました。イコライザーには厚みがあるので枕梁に2点で接触するのが原因か・・・。  そこで、イコライザーが枕梁に接触する部分だけ角をおとして丸みをつけ、1点で接触するように変更。  ここまでやってようやくカクカクし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

等角逆ひねり 2

下手な概念図  ozuさんからコメントをいただいたので、図をかきました。頭の中にイメージはあるのですが、図にしようとすると難しいです。  床板を省略して上から見たようにかいてみました。床板と枕梁延長部のあいだにイコライザーが入ることになります。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more