第9回軽便鉄道模型祭に参加した

 反省の弁です。

画像


 軽便祭に参加した皆様、お疲れ様でした。またONMCにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 今回2台のモジュールをもって参加したのですが、つないでみると自分の表現の未熟さが一目瞭然。作りたい気持ちだけで突っ走っても結果はでないことを痛感しました。

 会長さんや会員の皆様からいろいろ助言はいただいていたのですが、素材があってもどう使えばよいのかわからなかったというのが実態です。

 とりあえずこれから1年はモジュールの製作には手を出さずに、小さいものをいくつか作りながら地形と植生の表現について経験をつんで、現在のモジュールの改修をしていこうと思っています。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ozu
2013年10月10日 11:06
難しいですね。
実感(実物ではなく)をどう縮尺するか、そういう意味でDMCや下津井のレイアウトはとても参考になりました。
お互いがんばって楽しみましょう。
2013年10月10日 14:33
Oナローは大きいだけに、作り込みが大変ですし、植生はいまだに全然わかりません。
じっくり研究したいと思います。
ozu
2013年10月11日 12:01
なかなかよさそうな技法ですが、私の場合お金がかけられないので・・・
昨日孫をつれて公園に行ったら、南天のよい枝があって両手1杯とってベビーカーのかごに入れたんですが、気が付いたら落としたらしくパー・・・・がっくりです!
はまとん
2013年10月11日 12:30
こんにちは。
 南天なら勝手に生えて大きくなって困っています。定期的に剪定してますので、次回会合にでも纏めて持参します。(^^)
yuzzu
2013年10月13日 00:46
私はさくてつさんのモジュールに一つの答えが有ったと思いました。それはあの“木”と“大きくかけた橋”です。そんなに詳細に作りこまなくても充分車輌の引き立て役として目だっていました。私みたいにチマチマ作るのでなくOナローなんだから大きく大胆に作ることが、HOナローより迫力があって存在感が感じられました。
昨今詳細に細かく作りこむ作品が良いという風潮がありますが、アメリカみたいに体育館を使うような、大胆で大きなモジュールに憧れますし、見てみたい。
苦労されて大量に背景に並んでいた木は、私は良かったと思いますが。
さくてつ
2013年10月13日 08:02
yuzzuさん、ご意見感謝いたします。
 おっしゃるとおり、車両の引き立て役としては、あれでいいのです。車両を載せて写真にして見せるぶんには問題はなかろうと思っています。
 反省しているのは、モジュールは写真撮影のための、いわゆる「お立ち台」とは違うという点です。「展示」としてたくさんの方に見ていただくのですから、「車両が載っていなくても鑑賞に耐えるものでなくてはいけない」と反省しています。自分でもまだよく判っていないのですが、「あるある」みたいなものが必要なのではないでしょうか。「築堤ってこういうトコあるよね」「河原ってよくこういうのあるよね」という、キャッチポイントがなければならないのではないか。自然って必ずしも理想的な線ばかりでできていないし、美しくないものも混在していて、そういう線の崩れだったり、塵芥みたいなものがキャッチポイントになるのではないか。会長さんのおっしゃる「寂しい」というのは、そこなのではないか。そう思っています。
 細密化していく風潮については、車両の細密化と同様、通らなければならない道だと思っています。当然クソリアリズムに堕してはいけない(細密化が自己目的化する)のですが、細密化できる技術を持たずに、簡略化したモデルに逃げこむこともやはりまちがいであろうと思うのです。ただし我々の作っているのは組み換えできるモジュールであって、規格の制約があり、また運搬に耐える頑丈さも重要です。ジオラマモスを大量に使える資金力もありませんから、そこに工夫やバランス感覚が必要になってくると思います。
 長文になってしまいましたが、現在の自分が考えていることです。また1年ご指導、ご批判をよろしくお願いいたします。
はまとん
2013年10月13日 13:03
こんにちは。
 ウ~長い・・・(^^;)
私の場合、息詰まったら自然に学べでしょうか、よくネットから自然の植生を学ぶ様にしております。(里山、キャンプなど)
これからですと 葉の落ちる1月頃、野山を散策すると樹形や枝振りが見えますし、使えそうな材料も沢山ありますよ。毎年、近くの小川沿いや近場の里山を散策しております。
昔、シルフローをシートのままべったり付けて顰蹙を買った バカが居りましたが、ジオラマモスも同様の使い方であれば同じ事で、つまらない寂しい風景となってしまいます。単なる一つの材料に過ぎません。
私の前回のジオラマには 小さい木など 河原で調達した材料を多用してます。大いに楽しみましょう。(^^)

この記事へのトラックバック