カププラ平ギヤ減速

 カププラの平ギヤと IMONギヤ を使った動力の試作です。

画像


 akinoriさんの「ペーパープリマス」(↓コチラです)の動力をまねて試作をはじめました。
http://homepage3.nifty.com/kelokelo/toy/narrowgauge/plymouthhsg.html

 2段ウォーム伝動は力があっていいのですが、Oナローにはすこし遅いのではないかと考え始めました。ウォームに高速タイプ( 8 : 1 とか・・・)を使うのも手だとは思うのですが、とりあえず平ギヤ減速も使ってみたいんですよね。

 ゆうえんさんが IMONギヤ を使っているので(↓コチラです)私もさっそく買ってきました。
http://kotenki.cocolog-nifty.com/loco/2011/08/1-3344.html

 カププラを分解して(自己責任でね!)取出した平ギヤを精密パイプにはめてモーター(アルモデルの新型)とギヤボックスのウォーム軸にさしこみ瞬着でとめました。モーターはギヤボックスの蓋に両面で貼りつけてあります。

 上の画像のところまで作って、本当に動くのか心配に(akinoriさんトコのはHOナローで小さいので・・・)なってきたので、プラバンで集電シューの台座を作ってこれまたギヤボックスの蓋に両面で貼ってみました。

画像


 ウェイトを載せて通電すると走ります(ニコニコ)。ギヤ音はしますが、2段ウォームよりはいい音だと思います。電圧をあげても快調です。R50でも問題なく周回しました。

 フレームなんかいらないんじゃないの~。あぁ車体をとめるところがないか・・・。

この記事へのコメント

ゆうえん・こうじ
2011年08月28日 15:53
一番簡単なのは、イモンギアのギアボックス上面を真鍮板か帯板に厚手の弾性のある両面テープで貼り付けてしまい、このゆ板に車体ネジ止めすることでしょう。
今回三軸テンダー台車のバネ代わりに両面テープ使いましたがなかなか調子がいいようです。
さくてつ
2011年08月28日 19:44
ゆうえんさん、コメントありがとうございます。
そうですね!!帯板でギヤボックスどうしをむすべば上回りを付けられますね。
注油したところ音が小さくなりウェイト無しでも走行するようになりました。(モーターを後方にして走らせるとR50で脱線しましたが・・・)
ozu
2011年08月28日 21:34
うまくいきそうですね。
一つ気になるのはカププラギアのモジュールが小さいので、寿命がどうなのかと言うことです。
残念ながら貧乏人にはイモンギアなんて高くて買えません。
もっぱら手持ち品をやりくりしてお金をかけずに楽しんでいます。
さくてつ
2011年08月29日 07:45
ozuさん、コメントありがとうございます。

カププラのギヤについては私も心配です。消耗品と考えるしかないんではないかと思います。
瞬着は熱に弱いので交換は可能だと楽観はしているのですが・・・。

それにしても、このようないわゆる「オーソドキシー」とは異なる工作は魅力的です。

この記事へのトラックバック