テーマ:付随車

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る 3

 組立ててマットブラックを下塗りしました。車体はあとでウチの貨車標準色であるタミヤのリノリウム甲板色で上塗りします。  屋根と下回りはこのままにするので、軽くよごしておきました。  機芸社の日本の車両スタイルブックに載っているワ12000の寸法と比較してみると、高さで 2mm オーバー( 44mm )になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る 2

 下回りを作っていて気がついたのですが、内側軸受はコ型に折曲げたものが2個入っていて、それを段付きビスで床板に取付けるようになっています。  鉄道模型社が完成品として透明ケースに入れて売っていたときには、内側軸受は1枚のブリキ板を折曲げたものだったはず。  気になって、TMSの製品の紹介を捜してみたら71年の4月号(27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る(切接ぎ)

 天賞堂やカツミやリマの貨車とつなげるつもりでエンドウのワム23000を買ったのですが、側板の高さが低いようです。  そのまま組むと他の貨車とつりあいがとれないので、車長を縮めてフリーの「ワ」として作ることにしました。  側板はリベット位置から判断して21mm縮めることに決めましたが、軸距離まで21mm縮めるとバランスが悪いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 6

塗りました。  いくらか気温が上がってきたので塗装しました。車体がタミヤのNATOグリーン、屋根と台車がマットブラックです。  撮影用にお立ち台ぐらいは作らないといけないのですが、シノハラが廃業してしまったのでうかつにフレキを使ってしまうわけにもいきません。  やむをえずOn30の運転盤にのせて撮影をしましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 5

半年ぶりの更新です。  老々介護と工作の両立はなかなか難しくて、うつうつと半年を無為にすごしてしまいました。(例会と軽便祭はかろうじて出席)  状況がいくらか好転したのでまた工作を再開していますが、同じ姿勢を続けるのがつらくてなかなか集中できません。  画像ははまとんさんがレーザーカットした勿来の客車を組立てた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二軸車の強制操舵

元ネタはワークスKさんのブログ。  きのう例会に持参したアルモデル16番小型二軸客車を強制操舵に改造したものに興味をもたれた方がいらっしゃいました。  作ったのは2014年だからもう3年ほど前・・・http://saku-tetsu.at.webry.info/201411/article_6.html・・・でこれが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 4

ヒレナシイコライザー。  逆ひねりの回転軸が台車中心からずれている変則的なヤツ。このほうがコンパクトですがやっぱり非推奨でしょうネ。  台車がリジッドなので効果はあまり期待できません・・・というか、これってやっちゃいけない組み合わせでしたっけ。  いちおう台車心皿に真鍮線をうめこんで縦曲線に対応させたつもりでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 3

台車を作り直しました。  どうも風邪なぞひいておってなかなか進みません。前回は運材台車をプロトタイプにして台車を作ったのですが、車体に比べて小さすぎるようです。  はまとんさんからいただいた画像を再確認したところ、台車には板バネがついているように見えますね~。  推測になりますが、この台車は鉄聯のものを流用した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車 2

勿来の客車の台車です。  鋼製運材を参考に作ろうとしたのですが、小さい小さい。とてもスケールでは作れないので、長さ・幅とも 6mmずつ拡大しました。  それでも 隣りに並べた土工トロッコよりひと廻り小さくなりました。同じものをもうひとつ作らなければなりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉱車の増備

On2_12の鉱車も細々と増備しています。  パーツはこれで全部です。左から、治具に押しこんで作ったバケット本体・台枠2枚・スペーサー大1枚と小2枚・板オモリ2枚・連結用のマグネットリンク2個。奥にアルの 7mm径車輪とプラパイプです。  プラパイプをはめてバックゲージ 10.75mmにコンコンした車軸を、組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勿来の客車

はまとんさんからレーザーカット済みのペーパーをいただきました。  とりあえず、勿来のほうを用紙のままサーフェサーを裏に1回、表に3回吹いてから、カッターを軽くあてて部材を切りだしました。  側板・妻板とも、部材にサーフェサー(缶スプレーをビンの中に吹いたもの)を筆塗りして貼り合わせました。  シル・ヘッダーを貼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ONMC会合

今年最初の会合がありました。  皆さんの新車を見せていただきました。自分のは作りかけのアルカトー7トン。はまとんさんからはレーザーカットの宮崎県営と勿来の客車をいただきました。  帰る途中のブックオフではジョン・ダニングの「幻の特装本」を 108円で入手。いい一日でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルの小型貨車

アルの小型貨車を作って塗りました。  ディテールの追加はしませんでしたが、ビスで組み立てたあとでハンダを流し、ビス止め用のベロは折り取ってしまいました。  そのほうが空荷の表現ができると思ったからですが、荷台床面のビス穴がめだつのですネ。  0.5mm厚のプラバンにスジをつけてはめこんだところ良いカンジになりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラバンで On2 の鋼製鉱車を作る

鉱車はたくさん要るんです。  手持ちの鉱車は以前にはまとんさんから頒けていただいたアルの鉱車Aですが、1輌ではサマになりません。  プラバンで量産できればフトコロにもやさしいやね~とアレコレ思案のすえに、治具を作ることにしました。  寸はおおむねアルのに準ずるとして40mm☓25mm、深さ1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナベトロ塗装カプラー取付け

 6両できました。  On2の車両を作りはじめてからウチのOn30の小型車両は冷遇されていたのですが、これでやっと牽かせるものができました。  半径5センチのカーブを通るので一安心ですが、自分の予想より連結間隔が広いようです。ウ~ン・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナロー朝顔カプラー用マグネットリンク

 マグネットリンクを作ります。  エコーの細密パイプ1210に1mm径1.5mm長のネオジム磁石に瞬着をつけて挿しこみます。  磁石先端から4mmのところでパイプをカットして、反対側に1mm径真鍮線に瞬着をつけて挿しこみます。  磁石先端から7mmのところで真鍮線をカットします。真鍮線の部分だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルのナベトロ

 小運転盤用にナベトロを作ります。  Oナローを始めた時にも作ったのですが、それはアルの内燃機関車とともに後輩に譲ってしまいました。  今回はONMCのyuzzuさんのナベトロを参考に台枠角をヤスってまるめました。塗色もパクるつもりです。  台枠補強の横梁は切除しましたが、あとから画像を検索してみると、縦梁なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リサイクル軽工作

コンビネーションの下回りをリサイクルしたフラットカー。  先日、コンビネーションに変則ヒレナシイコライザーを取付けたときに、床板から新造したので下回りが余りました。  もったいないのでコイツでフラットカーを作ってやろうと・・・。不要なステップ等をもぎとり、両サイドをプラ角で拡幅、端バリも新製。  ステークを立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 7

変則ヒレナシイコライザーを取付けた。  この車体は谷津の会合に持参したときに、運転盤のSカーブで脱線転覆をくりかえしたヤツです。  車体は1mm厚プラバン・屋根は木製で、台車センターピンにコイルバネを入れる通常の仕様でした。  いろいろと等角逆ひねりを試したのは、この車体を安定した状態で走らせたかったからです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Oナロー客車の塗装変更

塗り替えました。  アルの南筑客車改と小型ボギー客車へのイコライザー装着を祝して?塗色をダルレッドからイエローに塗り替えました。  台車も台車枕梁固定のバックマンのアーチバーからバネ入りのKadeeのものに交換したので、バックマンの台車が余りました。(未使用の在庫もあるノダ。)  重心の低い無蓋車などに、通常の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アル16番木造ボギー客車

 塗ってみました。  上屋根をつけた以外は素組み・・・、ハンダ付けするところは全部バーナーを使いました。フカヒレは塗装でしぶくならないようにトビカトップガードをうすく吹くだけにしてあります。  トビーの古典客車と並べてみました。ボギー客車はカプラー台車マウントにしたので、これくらいの高さでがまんします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 6

フカヒレイコライザーとヒレナシイコライザー  アルのOナロー小型ボギー客車Aにフカヒレイコライザーを取付けましたが、うまく作動しません。(TдT) 16番ではうまく作動したのに・・・。  16番のは仙台のK野さんのブログの記事どおり(コチラ→http://d.hatena.ne.jp/konno_sendai/201…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

等角逆ひねり 5

 フカヒレイコライザー。  アルモデルの16番木造ボギー客車にフカヒレイコライザーを取付けてみました。レールに載せた状態ではほとんど見えません。  見えるように床下を上にして置いた状態。フカヒレは自重で床板につくように下がっていて、右側の台車の下面が見えます。  右側の台車奥側に荷重をかけると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 4

試運転です  Sカーブにもよく追随しますが、この運転盤には勾配も分岐もないので次の集会のときにクラブのモジュールで再度試運転をすることにします。  床板下面から枕梁下面までの寸法が大きいのと、イコライザーの製作がめんどくさいのが欠点ですネ。  あと画像ではよく見えませんが、カプラーが端梁からだいぶでっぱっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 3

 イコライザー   組込むとこんなふうになります。  動作がカクカクするという問題がありました。イコライザーには厚みがあるので枕梁に2点で接触するのが原因か・・・。  そこで、イコライザーが枕梁に接触する部分だけ角をおとして丸みをつけ、1点で接触するように変更。  ここまでやってようやくカクカクし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

等角逆ひねり 2

下手な概念図  ozuさんからコメントをいただいたので、図をかきました。頭の中にイメージはあるのですが、図にしようとすると難しいです。  床板を省略して上から見たようにかいてみました。床板と枕梁延長部のあいだにイコライザーが入ることになります。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

等角逆ひねり

手を出してみました  南筑客車改ですが、カプラー台車マウントにするのにあわせて等角逆ひねりを試してみることにします。  フカヒレでもいいのですが、様子見をしているうちにだんだんハードルが高くなってしまいましたネ~。  そこで枕梁を床板中央部までのばすところだけをパクって、そこにイコライザーをかける方式を妄想して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カプラー台車マウント

急カーブ対策  町会役員の引継ぎと公民館図書貸出の年次報告がかさなって、バタバタしておりましたがようやく工作できるように・・・。  先日のOHagiさんトコの集会に運転盤を持参したらボギー車の転覆が続発。手持ちの小型付随車を改造して専用車両にしようと思いました。  とりあえず無蓋車をアレします。もともとはカプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more