テーマ:16番

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る 3

 組立ててマットブラックを下塗りしました。車体はあとでウチの貨車標準色であるタミヤのリノリウム甲板色で上塗りします。  屋根と下回りはこのままにするので、軽くよごしておきました。  機芸社の日本の車両スタイルブックに載っているワ12000の寸法と比較してみると、高さで 2mm オーバー( 44mm )になっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る 2

 下回りを作っていて気がついたのですが、内側軸受はコ型に折曲げたものが2個入っていて、それを段付きビスで床板に取付けるようになっています。  鉄道模型社が完成品として透明ケースに入れて売っていたときには、内側軸受は1枚のブリキ板を折曲げたものだったはず。  気になって、TMSの製品の紹介を捜してみたら71年の4月号(27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る(切接ぎ)

 天賞堂やカツミやリマの貨車とつなげるつもりでエンドウのワム23000を買ったのですが、側板の高さが低いようです。  そのまま組むと他の貨車とつりあいがとれないので、車長を縮めてフリーの「ワ」として作ることにしました。  側板はリベット位置から判断して21mm縮めることに決めましたが、軸距離まで21mm縮めるとバランスが悪いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電100改造ガソ 3

塗装して完成です。  16番の模型として考えた場合、車体幅がせますぎます。1/80 13mm軌間で作るほうがよかったのかもしれません。  動力も1軸伝動ではやはり非力で、150100R上ではアルの貨車1両牽くのがやっと・・・。( 100R通過は単機 )  ウェイトをもうすこし動力側に寄せたいのですが、そうすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電100改造ガソ 2

動力の完成(強制操舵付き)。  WB 50mmで100Rをスムーズに通過させるため、伝動は1軸で我慢するかわりに強制操舵にしました。  伝動軸側は上にモーターが載っているので、車体枕梁を凸型にでもしないとセンターピンがつけられません。  しかしセンターピンをモーター上につけるのは、車体が不安定になりそうで気に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電100改造ガソ

また浮気。  江ノ電100は車体幅が小さく、フリーの電車として作るのは難しいので、二軸のガソにしようと思います。  東野キハ20の全長とあわせてみるとドア間に窓7個となります。東野は窓5個でイメージは全然ちがいますが気にしない。  側板はドアのところで切り継ぎましたが、折戸はそのままでいいやということににしてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二軸車の強制操舵

元ネタはワークスKさんのブログ。  きのう例会に持参したアルモデル16番小型二軸客車を強制操舵に改造したものに興味をもたれた方がいらっしゃいました。  作ったのは2014年だからもう3年ほど前・・・http://saku-tetsu.at.webry.info/201411/article_6.html・・・でこれが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片ボギー式ガソリンカー 4

塗装しました。  雪が降ったので当分塗装は無理かと思ったのですが、日差しがあれば午後はなんとかイケそう。  例によって電気ストーブ(ウチの主要暖房器具)で車体を暖めながら、休み休みあせらずに塗装しました。  窓まわりベージュ、その上下が空色、屋根がジャーマングレー、床板・床下機器をマットブラックとしました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

片ボギー式ガソリンカー 3

ライトとカプラーは塗装後なのでこれでできあがり (にしてくださいオネガイ)。  妻板下部のカキトリにちょうどはまる幅で床板を延長して、鮮魚台(デッキ)を作りました。  床板にはレールをハンダ付けして台枠を表現しましたが、車体下に露出させるようにはしませんでした。  鮮魚台(デッキ)の柵は柱を 0.6mm洋白線、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片ボギー式ガソリンカー 2

ここまでできました。  片ボギーにしてみたものの市電臭がぬけませんが、手をかけずに済ますつもりなのでこれでいいことにします。  1軸側の集電シューもまだ取付けていませんが、ボギー台車からの集電でとりあえず順調に走ります。  はじめはボギー台車がもう少し妻に寄っていたのですが、150Rを回れなかったので 10mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片ボギー式ガソリンカー

アーチバー台車が片方余った。  古典客車用軸受も余っているので、中村汪介さんの片ボギーをペーパーで作ろうかと思ったのですが、ちょっと面倒くさい。  江ノ電100のプラモ利用はどうか?これも切継ぎが必要だし、下回りにたいして車体がすこし小柄すぎるようだ。  そうこうしているうちに、カワイモデルの路面電車の車体キッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルの小型貨車

アルの小型貨車を作って塗りました。  ディテールの追加はしませんでしたが、ビスで組み立てたあとでハンダを流し、ビス止め用のベロは折り取ってしまいました。  そのほうが空荷の表現ができると思ったからですが、荷台床面のビス穴がめだつのですネ。  0.5mm厚のプラバンにスジをつけてはめこんだところ良いカンジになりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

また16番のBタンク 4

 ジャーマングレーに塗りました。  塗装して天賞堂のワム50000とつないでみました。やはり無蓋車2~3輌を牽かせたほうが似合いそう・・・。  アルモデルの小型貨車 ト と トフ が手もとにあるので、それを組みたてようと思います。  鉄道模型を始めたときに最初に手に入れたのは、宮沢のBタンクと チ が2輌、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 3

 もう少しかかります。  TMS 571号に載っている仙台のKさんのBタンクをショーティ化、ディテールを簡素にしてプラバンで上回りを作りました。  WBで 5mm、前後端バリ間で 10mm縮めてあります。あわせて屋根高さも 2mm低くしてみました。  全体のバランスはそれほどくずれていないと思っています。つぼみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 2

ロッドと床板をつけました。  床板をつけたらビビリ音がでてしまった。開口部の周囲を補強してなんとかおさまりましたが、補強がおおげさすぎましたネ。  今回、摩擦伝動の一部がフレームから見えるのですが、これは想定内。キャブのステップで隠す予定です。  イモンギヤを使えばフレーム内におさめられるのですが、FMギヤの在…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

また16番のBタンク

また浮気です。  鉱車に飽きたので16番のBタンクを作ります。動力はいつものようにアルモーター+摩擦伝動+FMギヤです。  WBは15mmですが、やはりWBが短くなるほど集電シューの圧力調整や、ウェイトのバランス調整がシビアになりますネ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アル16番木造ボギー客車

 塗ってみました。  上屋根をつけた以外は素組み・・・、ハンダ付けするところは全部バーナーを使いました。フカヒレは塗装でしぶくならないようにトビカトップガードをうすく吹くだけにしてあります。  トビーの古典客車と並べてみました。ボギー客車はカプラー台車マウントにしたので、これくらいの高さでがまんします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等角逆ひねり 5

 フカヒレイコライザー。  アルモデルの16番木造ボギー客車にフカヒレイコライザーを取付けてみました。レールに載せた状態ではほとんど見えません。  見えるように床下を上にして置いた状態。フカヒレは自重で床板につくように下がっていて、右側の台車の下面が見えます。  右側の台車奥側に荷重をかけると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16番で小カーブを使う 5

 塗装にはちょっと寒かった。  下回りにダミーの軸受をつけました。TMSの206号(1968年8月号)に掲載された橋本真さんの「私の貨車製作法」を参考にしました。  作例のペーパーをプラバンに置き換えて軸受部分を作ってあります。まったくのオカザリですから強度はほとんど考慮していません。  軸箱守は0.5tプラバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16番で小カーブを使う 4

 試しに半径 5cm を通してみた。  本番の内側軸受ができたので、組立てて 50R のエンドレスを走らせてみました。ロコ正向では端梁どうしがあたって 周回させることはできませんでした。  このロコは後部オーバーハングのほうが大きいので、バック運転にしてみたところ周回させることができました。強制操舵の構造は試作のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16番で小カーブを使う 3

 強制操舵にしてみた。  前回の記事で「もうヒトクフウが要るみたい・・・」とか書いたのですが、(http://saku-tetsu.at.webry.info/201411/article_1.html)とりあえずこの方法しか思い浮かばないのですナ。  枕梁を後ろへ延長し、0.5mmプラバンでリンクを作って1.4Mビ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天CタンクにアルモーターVをつける 3

 天気がいいので塗りました。  Mr.カラースプレーのつや消しブラックの単色塗りですが、ダイキャストの湯の流れ跡がなかなか消えなくて往生しました。  下地にサーフェサーを使えばよいのでしょうけど、ぶつけたときに下地がでて目立つので、つや消しブラックの塗重ねだけで対処しようとして苦労するわけですネ。  前に天のC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天CタンクにアルモーターVをつける 2

 集電シューの増設。  絶縁側の集電シューを第一動輪まで延長、非絶縁側にもシューを増設して6輪全てから集電するようにしました。  6輪集電にしてどのくらいの効果があるのかは確認できませんが、ダイキャストの台枠に走行電流が流れるのはどうも気持ちよくないもんで・・・。  *追記 リアルタイムで弊ブログをご覧に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天CタンクにアルモーターVをつける

 2009年6月に天4で購入した不動ジャンク品。  マルボーズのウォームホイールを車軸から抜いて、引出しの奥から発見した24 : 1のを押しこみました。(天のパーツ・・・鉄ウォームにベークホイールでしたが何年前に買ったものやら・・・)  モーター(メーカー不詳)は画像にあるやつがついていましたが、台枠にあいているオリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16番で小カーブを使う 2

 とりあえず 100R は通ったが  短い車両どうしを連結させているのに、S字の上ではこんな感じでくいちがいます。  エコーの軸受をはずし内側軸受を1mm厚プラバンと3mm径プラパイプで作って、回転するように取付け・・・。ピボット車輪の軸端は切りおとしました。  はじめは内側軸受を下から床にネジ止めした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

16番で小カーブを使う 

 スラックをつけたほうがいいか。  16番で小パイクを作るとして問題点はいろいろあると思うが、やっぱり最小通過曲線をどうするかになるのかなあ。  Oナローをやっている身として自動連結開放には重点をおいていないことに気づかされるんだけど、リンクを使う連結器(朝顔とか・・)って小カーブには強いんだよネ。  リンクを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルパワー HO-15 にロッドをつけてみた 4 (着ぐるみ)

 16番 Bタンクの着ぐるみができました。  小型のタンク機としては高さ方向でかなりのオーバースケールになっていますが、既成動力(アルパワーHO-15)を使うのが目的なので我慢しています。  その点ではアルパワーHO-20を使って、もうひとまわり大きなロコにするほうがよかったかもしれませんネ。  このあと付随車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワイ60型のモーター換装

 カワイの60型、古いわネ。  40年以上前に先輩から譲渡されたカワイの60型です。動輪はダイキャストの輪芯がシーズンクラックをおこしていたので移籍後すぐに交換しています。  現役で稼働しているのですが、前進と後進で音が違う(モーターシャフトの遊間が大きいか?)のが気に入らない。電流も喰うのでアルモーターVに換装する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルパワー HO-15 にロッドをつけてみた 3 (着ぐるみ)

 浮気です。  アルパワー HO-15 に載せる着ぐるみです。駿遠客車はどうしたとお思いの方もいらっしゃいましょうが、まあ浮気症ということでご理解を・・・。  0.5tプラバンで内張りを作っています。この上に0.3tにリベットを打って貼る予定。なのでキャブ窓は大きめに抜いてあります。  動力ギリギリの着ぐるみの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アルパワー HO-15 にロッドをつけてみた 2

 床板・シリンダー・メインロッド。  サイドロッドをつけてから半年ほど放置していたアルパワー HO-15ですが、ようやく16番Bタンクの下回りになりました。  動力の取付部分を2mm打ちあげて、床板を下げてあります。この動力はモーター位置が高いので、16番の小型蒸機に使うにはサイドタンクの背を高くする必要があるのよネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more