テーマ:蒸機

アルモデルの小型貨車

アルの小型貨車を作って塗りました。  ディテールの追加はしませんでしたが、ビスで組み立てたあとでハンダを流し、ビス止め用のベロは折り取ってしまいました。  そのほうが空荷の表現ができると思ったからですが、荷台床面のビス穴がめだつのですネ。  0.5mm厚のプラバンにスジをつけてはめこんだところ良いカンジになりま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

また16番のBタンク 4

 ジャーマングレーに塗りました。  塗装して天賞堂のワム50000とつないでみました。やはり無蓋車2~3輌を牽かせたほうが似合いそう・・・。  アルモデルの小型貨車 ト と トフ が手もとにあるので、それを組みたてようと思います。  鉄道模型を始めたときに最初に手に入れたのは、宮沢のBタンクと チ が2輌、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 3

 もう少しかかります。  TMS 571号に載っている仙台のKさんのBタンクをショーティ化、ディテールを簡素にしてプラバンで上回りを作りました。  WBで 5mm、前後端バリ間で 10mm縮めてあります。あわせて屋根高さも 2mm低くしてみました。  全体のバランスはそれほどくずれていないと思っています。つぼみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 2

ロッドと床板をつけました。  床板をつけたらビビリ音がでてしまった。開口部の周囲を補強してなんとかおさまりましたが、補強がおおげさすぎましたネ。  今回、摩擦伝動の一部がフレームから見えるのですが、これは想定内。キャブのステップで隠す予定です。  イモンギヤを使えばフレーム内におさめられるのですが、FMギヤの在…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

また16番のBタンク

また浮気です。  鉱車に飽きたので16番のBタンクを作ります。動力はいつものようにアルモーター+摩擦伝動+FMギヤです。  WBは15mmですが、やはりWBが短くなるほど集電シューの圧力調整や、ウェイトのバランス調整がシビアになりますネ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 8

 塗ってみました。  下回り、煙室、キャブ屋根をマットブラック、それ以外はジャーマングレーで塗りました。  塩マスキング(この名称が正しいらしい)で侘び寂び・・・じゃなかったサビサビにしました。  あ~煙室扉にハンドルがついてないや・・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 7

 オリジナルとの比較。  砂箱を載せようとしたらせせこましくなったので、ボイラーバンドを前に移動してみました(煙室が狭くなる)。  ボイラー上の配置はこれで決まったので、オリジナルとならべてみました。すこし小さくなったのがわかるでしょうか。  オリジナルのマンガチックな印象が消えて地味な感じになりましたが、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 6

 フリーランスモデルのお楽しみ。  今回は、どのような最終形にするか図に描いて検討していないので、いきあたりばったりに現物で検討検討っと・・・こういうの楽しいですね~!とりあえずオリジナルのドームと煙突で・・・キャブの高さを縮めたのでバランスがわるいような。  オリジナルのを利用して高さだけ縮めてみたら・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 5

 キャブとボイラー中心高の検討。  キャブだけは1年ほど前に組立ててありました。牽いている客車より高さも幅も小さいロコが欲しかったので、キャブは高さで2mm、幅で4mm縮めてあります。  K泉さんの豆タンクの記事を見て、ボイラー中心を上げることで印象がずいぶん変わることに気づかされたので、ためしに1mm上げてみたのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 4

 メインロッド。  プラ角と1mmプラバンを貼りあわせて作ったシリンダーブロックを台枠に直に仮止めして調整中。  メインロッドは0.5mm洋白ですが、1枚はスモールエンド側をクロスヘッド取付け穴まで削りこんでしまい(穴がちぎれた!)作りなおしとなりました。(泣)  工作がいきあたりばったりなので、この状態で走ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 3

 サイドロッド。  アルモデルのロッドセットのバランスウェイトを、裏のボスだけ削って車輪に貼り、サイドロッドを付けました。  DB607の時はバランスウェイトの部分は切取って、クランク部分のみ貼ったのですが、今回はバランスウェイトを残しました。  このほうが接着面積を大きくとれます。ただし11.5mm車輪に貼る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改 2

 集電シューをつけて配線。  前作と同じように、細密パイプ1210の一端をつぶして穴をあけ、0.16リンセイを通してハンダ付け。床板にあけた穴に下から通して瞬着で固定しました。  ウェィトを載せて試運転、問題なく走りましたので、しばらく馴らし運転を続けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク改

 プラバンで床板。  プラバンで床板を作りました。そもそもなんでプラバンなんだとお思いに・・・・・いいから・・・わかってるから・・・しつこいから・・・。(後略)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

逆サドル 3

 芦別バグナルに集電シューとモーターを取付けました。  フレームとロッドは重ねてハンダ付けして穴あけしたのでWBは合っているはず・・・。フレームを組んで動輪とロッドをはめた状態でも転がりはOKで問題はないはず・・・。  それでもモーターと集電シューを取付けて通電するまでは不安がいっぱいでした。  なにしろ高校時…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

逆サドル 2

 なかなか始まらない芦別のバグナルでしたがフレームから作っています。  動輪へのギヤの取付けだけは、だいぶ前にしておいたのですが、位相を目検であわせたので不安でしたよ~。なにしろ40年ぶりのロッド連動なもんで・・・。  フレームは夏に作った2段ウォーム伝動の時と同じように作っています。前後にスペーサー、中央部に角材を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

逆サドル 1

 まだ図を描いただけ・・・。  カプラーが決まったので、周回遅れ(もっと?)で芦別のバグナルにとりかかろうと思います。Ohagiさんの図面を95%にして動輪は実測して図を描いてみました。  オーバーハングが大きくてミニパイクには向かないカタチですねぇ。モジュールでなら走行可能でしょうが、カプラーが振れるようにしたほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク 3

 グレーに塗ってみました。(もう汚れてます・・・)  あちこちアラがあって突っつききれませんが(キットのことではありません、自分の腕の問題です・・・追記)、これで完成とします。  今回は下回りを赤(朱)にしてみましたが、家人には好評でした。(いいアンズ色だと言われました・・・ヤレヤレ)  上回りはキャブ屋根と煙…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク 2

 きょうは下回りを作りました。  アルのロッドを組むのは3回目なので上回りよりは気が楽です。床板にパワトラの取付金具をつけ、台枠もハンダ付け。ついでにパワトラ単体でスムーズに走るかどうかを確認しておきました。  カウンターウェイトの軸穴をドリルでさらい、クランクピンの孔にタップをたて、パワトラの軸端に通して瞬着で固定。治具が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルトバーンタイプBタンク 1

 アルモデルからBタンクがやってきたので上回りから手をつけました。  説明書を見ながら、キャブから・・・。曲げないうちに内板をつけます。これがキャブの扉になるんですね。ツメをひっかけておいて丸穴にハンダをながします。  内板をつけたらキャブを曲げて、炭庫外板をハンダづけするのですが、位置決めの切欠きが小さいのでけっこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 10

 昨晩、ベランダでキャブ内と煙室・キャブ屋根・台枠を塗っておいたので、今朝はマスキングしてボイラーとキャブ外側をジャーマングレーで塗りましたが、マスキングをはずしたら煙室にテープの痕がクッキリと・・・  毎度のことですが、焦っては塗装の失敗をくりかえしています。経験から学ばない自分に嫌気がさしますが、とりあえず誤魔化さねば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 9

 やっと未塗装完成となりました。ディテーリングはしないので後は塗装だけです。パースがおかしいのですが撮り直す気力がありません。  シリンダブロック外幅がキャブ幅をオーバーしてしまったのが心残りですが、このへんで終りにします。パワトラ利用で楽をしたぶん、妥協すべきところは妥協するしかありませんね。  Oナローといっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 8

 「考えたりしたりはいっしょにできませんよ」という赤坂鉄道社長のお言葉があるけれど・・・  もう5ヶ月近くいぢっているのに、なかなか完成しないロコです。ようやくここまできました。もう上回りはこれでいいやということに・・・。  皆さんのサイトを見ていると、手が早いのにびっくりしますね。うらやましいような妬ましいような・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 7

 煙突をボイラーにハンダ付けしました。  4mmの真鍮パイプをホームセンターで買ってきました。1号機のときはアルミパイプを煙突にして、エポキシで取付けたのですが、強度を確保するのにエレー苦労をしました。  そこで今回は2号機(外側台枠機)と同様にハンダ付けで固定。2号機は3mmパイプでしたが、細すぎたので4mmのパイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 6

 カプラーが入るよう欠きとった前後端バリをつけました。  きょうは法事だったので、合間をぬっての工作です。朝のうちに前後端バリを接着しておいて寺へ行きました。般若心経を唱えることになっていて慌てましたが、お経本を読みあげるだけとわかって一安心。  墓参り後に食事をして戻るとすぐまた工作です。カプラーを入れて取付け穴位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 5

 パワトラの前後の床板に台枠を貼付けました。いくらか機関車らしくなってきたかな。  ボイラーに煙突を取付けようと思ったのですが、ボイラーを固定してからでないと垂直につくかどうかあやしいのでやめました。  そこで下回りを先にすることにして(無計画ですね・・)、前後の台枠部分をプラバンから切出して床板に接着。それから、カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 4

ボイラーをパイプから作りました。  連休とはいえ来客が多く、なかなか進みません。合間をぬって糸ノコで15mmのパイプを切ってボイラーにしました。このロコは動輪径が小さくて、床面上にパワトラ上部がかなり出てしまうので、ボイラーの下部欠取りが必要です。  ボイラー内に入れるウェイトも欠取ることになるので、不足分をキャブ前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 3

 キャブを仮組立してみましたが、前妻板にあけたボイラー取付け穴の位置が間違っているようです。    ものぐさ太郎さんのブログ「俗世界の車窓から」→こちらです(http://sky.ap.teacup.com/syasou/)の「ダックスの衝撃」という言葉に反応してしまいました。  私がOナローを採用していることに全く関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 2

 12月半ばからほっぽらかしの内側台枠機の続きです。  下回り(シリンダーブロックとか・・)に手をつける気になれなくて放置していましたが、上回りから作り始めました。キャブ側板と前後妻板です。妻板には長円形になる妻窓と、ボイラーをはめ込む部分の下穴をあけてあります。  このあとリーマーでひろげます。ここまでに既に妻板を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 1(訂正)

 ごめんなさい。訂正です。ロッドセットの説明書を見たら、「軸穴の筒状部分をカットして使うこともできます。」と書いてあります。  裏のボス部分を切りとって使うのも想定内なんですね、説明書を読んでいないのがバレバレです。今日は軸端を糸鋸でカットしてサイドロッドをつけました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッドセットで内側台枠機 1

 本来の路線に戻って、小型の蒸気機関車を作ろうと思います。  アルモデルのロッドセットは外側台枠用なので、内側台枠の蒸気機関車に使うには裏のボスを切りとらなければなりません。  とりあえず糸ノコで切りとってパワトラにはめてみましたが、バランスウェイトがタイヤより外側に出すぎてしまうので見ためが良くありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more