テーマ:動力

江ノ電100改造ガソ 3

塗装して完成です。  16番の模型として考えた場合、車体幅がせますぎます。1/80 13mm軌間で作るほうがよかったのかもしれません。  動力も1軸伝動ではやはり非力で、150100R上ではアルの貨車1両牽くのがやっと・・・。( 100R通過は単機 )  ウェイトをもうすこし動力側に寄せたいのですが、そうすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ電100改造ガソ 2

動力の完成(強制操舵付き)。  WB 50mmで100Rをスムーズに通過させるため、伝動は1軸で我慢するかわりに強制操舵にしました。  伝動軸側は上にモーターが載っているので、車体枕梁を凸型にでもしないとセンターピンがつけられません。  しかしセンターピンをモーター上につけるのは、車体が不安定になりそうで気に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富井電鉄猫屋線 改軌動力化(軌間 12mm )  3

年を越してしまいました。  あけましておめでとうございます。今年も弊ブログをよろしくお願いいたします。  猫屋線のキハもようやく改軌を完了。下回りで使ったのは結局台車枠だけで、けっこう手間がかかりました。  ところで、上回りをかぶせたら半径 100mm を通過しなくなり、ステップをカットしても130mmというと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富井電鉄猫屋線 改軌動力化(軌間 12mm )  2

半径 100mm を通過するようにしました。  100R を通過できるように、あたるところをあちこち削ったり、弱くなったところを補強したりしました。  片台車駆動なのでウェイトの積みかたがむずかしい。中央に積むより前後端に積むほうがいいようです。  16番の車両にくらべて小さく軽いので、全ての車輪に集電シューを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富井電鉄猫屋線 改軌動力化(軌間 12mm )

軌間 12mm に改軌してみました。  かねてから妄想しているOOn3(縮尺 1/76 軌間 12mm )と共存できるのじゃないかと思って猫屋線を購入しました。流行り物だし・・・。  動力はOn2と同じFMギヤ利用の摩擦伝動で、車輪のみイモンの 8..2mm 径に交換してバックゲージ 10.75mm にコンコン改軌。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 4

ハンダ付けはだいたい終わり。  あとは軸受け(ダミー)を接着剤で貼れば組立ては完了・・・。窓枠は塗装後に接着する予定です。  台枠に 1mm径真鍮線でボルトを表現したのを除けば素組み、でもキャブ幅がけっこうシビア・・・。  前後妻板を点付けして台枠に載せ、無理なくはまれば完全にハンダを流して終わりなのですが、き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 3

自作動力を取付けました。  7トンに自作動力を取付けようとしたところ、取付け用の中梁と集電シューがあたって付けられません。  せっかく作った集電シューを廃棄して、動力の側面部分に集電シューをネジ止めするよう改めました。  2mmビス 1本で動力を中梁に固定しましたが、クリアランスがきびしいので、DCC化する前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルモデルOナロー加藤7トンDL 2

動力は難産でした。  奥のOn2の動力は、いつも通りのモーター端子に直に集電シューを付けるタイプなので、問題なく完成。これはアルのOナロー加藤4トンを改軌するのに使うためのもの。  手前のOn30の動力がアルモデルOナロー加藤7トンに使うものなのですが、ONMCのモジュールを走行させるのが目的なので、DCC仕様にしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 4

 ジャーマングレーに塗りました。  塗装して天賞堂のワム50000とつないでみました。やはり無蓋車2~3輌を牽かせたほうが似合いそう・・・。  アルモデルの小型貨車 ト と トフ が手もとにあるので、それを組みたてようと思います。  鉄道模型を始めたときに最初に手に入れたのは、宮沢のBタンクと チ が2輌、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 3

 もう少しかかります。  TMS 571号に載っている仙台のKさんのBタンクをショーティ化、ディテールを簡素にしてプラバンで上回りを作りました。  WBで 5mm、前後端バリ間で 10mm縮めてあります。あわせて屋根高さも 2mm低くしてみました。  全体のバランスはそれほどくずれていないと思っています。つぼみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また16番のBタンク 2

ロッドと床板をつけました。  床板をつけたらビビリ音がでてしまった。開口部の周囲を補強してなんとかおさまりましたが、補強がおおげさすぎましたネ。  今回、摩擦伝動の一部がフレームから見えるのですが、これは想定内。キャブのステップで隠す予定です。  イモンギヤを使えばフレーム内におさめられるのですが、FMギヤの在…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

また16番のBタンク

また浮気です。  鉱車に飽きたので16番のBタンクを作ります。動力はいつものようにアルモーター+摩擦伝動+FMギヤです。  WBは15mmですが、やはりWBが短くなるほど集電シューの圧力調整や、ウェイトのバランス調整がシビアになりますネ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルパワー HO-24.5Bを使ってみる

パワトラからアルパワーに換装してみました。  まずは、アルパワー HO-24.5Bを組み立てました。「本体突起」をモーター端子にきちんと入れることに気をつければ、あとは簡単に組み上がります。(個人の感想です)  画像はパワトラ(WB-24.5)との比較です。WB-24.5にあるフレーム前後の欠き取りは、アルパワーには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮称On2_12の動力 2

 床板・集電シュー  動力に床板をつけ、床板に集電シューを固定してモーターに結線して試運転、絶不調。  仮モーターでは調子がよかったので、集電シューを仮モーターと同じ方式(モーター端子に集電シューを直付け)に変更したところ調子が戻りました。  この後は着ぐるみの作成に入ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮称On2_12の動力

 バックゲージ10.75mmの動力を作ります。  イモンギヤ(16番用)の車軸をコンコン改軌でバックゲージ10.75mmに・・・。WBは23mmにするのでウォーム軸は短縮です。  ギヤボックスをつなぐ連結板の幅は従来より狭く9mmにしました。モーター取付板も連結板に接する部分は8mmまで削ってあります。  仮モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモンギヤ・FMギヤの車輪交換

 雨は降る降る人馬は濡れる・・・。  ベランダに雨が吹きこんでサフェが吹けません。ペーパー工作はいったんお休みしてこんなことをしています。  イモンギヤの径11.5mmスポーク車輪つきは品切れ。在庫している径10.5mmイモンギヤの車輪を、パワトラ用の径11.5mmスポーク車輪に交換できれば解決じゃん・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモパワー 4

 動力が2台できました。  WB26(右)とWB31(左)の2台の動力の試運転を完了しました。あたりまえの話ですが、2台の速度は同じになりました。  WB26はアルモデルのロッドセットが使えるのですが、WB31のロッドは自作しなけりゃなりません。ちょっと気が重いですネ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモパワー 3

 摩擦輪とモーターの取付けです。  ウォーム軸に取付ける摩擦輪は9.2mmの車輪から作りました。片輪を抜いた車軸をモトツールにくわえて、ドリルレースで車輪の踏面のテーパーをとります。  フランジから0.5mmくらいのところに糸ノコをあてて溝をきってから、三角ヤスリをあててV溝にします。  ミニ四駆パーツのゴムリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモパワー 2

 モーター取付板をハンダ付けします。  本日のお道具一式。モトツール・専用ドリルプレス・キリ・マシンバイス・バイス・糸ノコ・糸ノコ台・ドライバー・ヤスリ・ハンダゴテ・ハンダ・調圧器・ワイヤブラシ・・・。重いです。  トレーに載せた状態で工作室(押入れですが・・・)からリビングに移動。テーブルにバイスを固定して糸ノコ台…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イモパワー

イモンギヤを利用した動力を作ります。  イモンギヤのギヤボックスを0.8mm厚の真鍮板で固定しているところ。WB26mmです(車輪を11.5mmにかえてます)。右のWB31mmのほうは加工途中。ビスはギヤボックスの蓋を固定しているものを利用します。  ビス穴は1,6mm径であけていますが、罫書き通りにはなかなかあかな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エフパワーッ!?

 モジュールは乾燥中なので、On30用の動力を作りました。  例によってFMギヤ利用ですが、前回の大乙動力が平ギヤ伝動だったのに対し、摩擦車伝動です。  摩擦車伝動は前にイモンギヤ利用の動力に使ったのですが(そういえば上回りを作っていなかったですネ)、耐久性に疑問が残るとはいえ使いやすい伝動法だと思っています。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大乙動力 3

 バラして始めから作り直しました。  7月に「これで良いことにして・・・」なんて言っておきながら、年明けにさ~て上回りでも作ろうかとひっぱりだしてみたら走らないんですよね、これが。  FMギヤは車軸の自由度が大きいので、フレームを作って車軸の動きをおさえたうえに、ウォーム軸も片側は固定したのに~(もう片側は軸が出てい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

摩擦伝動 2

 摩擦伝動の動力(軌間16.5mm)ができました。調子いいです。  無音というわけにはいきませんでした。ディスクが真円になっていないからでしょうか?でもカププラの平ギヤ伝動より静かです。  減速比は約50:1になりました。スローが効いて気持いいのですが、モジュールを走らせるには遅すぎますね~。  裏側は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

摩擦伝動 1

 フリクションドライブと言ってもいいのでしょうけど、実物のフリクションドライブやティントイのそれと紛らわしい。  On30用の摩擦伝動の試作です。画像は左から素材の9.2mm径車輪・ゴムリング・摩擦輪できあがり・WB21mmに縮めたイモンギヤです。  トーマさんのブログ→http://blog.goo.ne.jp/n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乙動力 2

 アルモーターをフレームに両面で貼ってオシマイと思ったのですが・・・。  通電してみたら、下のギヤが逃げているようでギクシャクします。作用と反作用というヤツですかね。やはりモーター台とウォームシャフトの軸受だけは作らなくてはダメなようです。なかなか手抜きはできません。・・・で、作ってみました。  モーター台は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大乙動力 1

 軌間13mm WB17mmの動力を作ろうとフレームからはじめました。  IMONギヤ利用であればフレームは無くてもすむのですが、軌間13mmなのでフレームを作ってFMギヤを使います。  FMギヤの連動用シャフトを切ってパイプでつなぎ、フレームに合わせてWB17mmにしました。今回は外側にダミーの台枠をつける…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

カププラ平ギヤ減速 3

 動力にプラバンでオープンキャブを作ってのせてみました。  コンパクトな動力なので、前から作りたかったオープンキャブにしました。欲を言えばもう少し床を低くしたいところです。  ホイールベースを16mmにしたのですが、ウェイトバランスをとるのがたいへんでした。まだ完全とは言えないようです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カププラ平ギヤ減速 2

 ホイールベースを16mmに短縮して、ギヤボックスを帯板で連結してみました。  ゆうえんさんのコメントの通りに、帯板をモーター側ギヤボックス上面に固定して反対側はもう1個のギヤボックス上面に両面で貼りました。  軸が可動であるのに集電シューを上からタイヤにあてるのは避けるべきなのでしょうが、スポーク車輪なのでタイヤ裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カププラ平ギヤ減速

 カププラの平ギヤと IMONギヤ を使った動力の試作です。  akinoriさんの「ペーパープリマス」(↓コチラです)の動力をまねて試作をはじめました。 http://homepage3.nifty.com/kelokelo/toy/narrowgauge/plymouthhsg.html  2段ウォーム伝動は力…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2段ウォーム伝動 8

 お盆休みに早起きして塗装をしました。(気温が上がるとザラつくので・・・)  上回りカナリヤ色、下回りジャーマングレーにしました。ほんとうはカナリヤ単色にするつもりでしたが、前後端バリは、車体との境にカキで筋をつけただけなので、塗り分けないと格好がつかないんですよ~。  ウェザリングは下回り中心に軽く茶系で、上回りは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more