エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る 3

 組立ててマットブラックを下塗りしました。車体はあとでウチの貨車標準色であるタミヤのリノリウム甲板色で上塗りします。  屋根と下回りはこのままにするので、軽くよごしておきました。  機芸社の日本の車両スタイルブックに載っているワ12000の寸法と比較してみると、高さで 2mm オーバー( 44mm )になっています。 …
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る 2

 下回りを作っていて気がついたのですが、内側軸受はコ型に折曲げたものが2個入っていて、それを段付きビスで床板に取付けるようになっています。  鉄道模型社が完成品として透明ケースに入れて売っていたときには、内側軸受は1枚のブリキ板を折曲げたものだったはず。  気になって、TMSの製品の紹介を捜してみたら71年の4月号(27…
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ「ワム23000」からフリーの「ワ」を作る(切接ぎ)

 天賞堂やカツミやリマの貨車とつなげるつもりでエンドウのワム23000を買ったのですが、側板の高さが低いようです。  そのまま組むと他の貨車とつりあいがとれないので、車長を縮めてフリーの「ワ」として作ることにしました。  側板はリベット位置から判断して21mm縮めることに決めましたが、軸距離まで21mm縮めるとバランスが悪いです。 …
コメント:0

続きを読むread more