2段ウォーム伝動 4

 モーター取付板に補強をつけました。ウェイトがないとしりもちをつきます。

画像


 集電シューをつけ、仮配線して走らせてみました。約144:1です。3~4Vでじわじわ走ります。低電圧で走らせつづけるぶんにはモーターは熱をもちませんし、立ちどまることもないようです。

 6Vを超えるとギヤ音がうるさいです。今回は内燃機なのでいいのですが、蒸機を作るにはもっと剛性を高めないといけません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック