アームチェアモデラーの手帳

アクセスカウンタ

zoom RSS アルモデルOナロー加藤7トンDL 2

<<   作成日時 : 2016/11/14 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

動力は難産でした。

画像


 奥のOn2の動力は、いつも通りのモーター端子に直に集電シューを付けるタイプなので、問題なく完成。これはアルのOナロー加藤4トンを改軌するのに使うためのもの。

 手前のOn30の動力がアルモデルOナロー加藤7トンに使うものなのですが、ONMCのモジュールを走行させるのが目的なので、DCC仕様にしなければなりません。

 デコーダーがモーターと集電シューの間に入るので、モーター端子に直に集電シューを付ける方式は使えないのダ。

 こういう場合、今までは動力には集電シューを付けないで、床板のほうに付けていました。しかしそれだと動力単体では走行できませんから、走行テストの際に不便です。

 あれこれ考えているうちに時間ばかりが過ぎてしまいましたが、今回は動力上板に羽根を付けて細密パイプを固定し、このパイプに集電シューをハンダ付けする方式にしました。

 モーターからの線は現在はパイプにさしこむことで仮配線してありますが、後でデコーダーを介して配線しなおす予定です。











 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルモデルOナロー加藤7トンDL 2 アームチェアモデラーの手帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる