アームチェアモデラーの手帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 等角逆ひねり 4

<<   作成日時 : 2015/04/18 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

試運転です

画像


 Sカーブにもよく追随しますが、この運転盤には勾配も分岐もないので次の集会のときにクラブのモジュールで再度試運転をすることにします。

 床板下面から枕梁下面までの寸法が大きいのと、イコライザーの製作がめんどくさいのが欠点ですネ。

 あと画像ではよく見えませんが、カプラーが端梁からだいぶでっぱっています。

 いきあたりばったり工作のバチがあたってカプラーとセンターシャフト受けが干渉してます。

 カプラーをでっぱらせて逃がすしかありませんでした。反省反省・・・・・。


追記

 モジュールで走らせようと集会にもっていったのですが、まずは運転盤で試運転したところ脱線の連続・・・。しまいにはアーチバー台車のバネまでとばす始末でした。

 がっかりして帰ってきて再調整。しかしあいかわらずなんでもないところで脱線します。

 そんななか、ふと思い出したのが車軸にたいして台車枠の間隔が広すぎると起きる現象(どこのサイトで読んだのかは忘れた)。

 ピボット車軸が左右動をおこすときに、台車枠が急激に上下することがあるという記事でした。

 ダイキャスト製アーチバーの台車枠は間隔をせばめることはできないので、ダメモトでピボット軸端にグリスをつけてみたところ、脱線はおさまりました。

 グリスの粘性で台車枠の急激な動きがおさまったのではないかと思っています。後知恵ですが、軸穴にハトメを入れる方法もありましたネ。







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
等角逆ひねり 4 アームチェアモデラーの手帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる