アームチェアモデラーの手帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 摩擦伝動 2

<<   作成日時 : 2012/08/02 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 摩擦伝動の動力(軌間16.5mm)ができました。調子いいです。

画像


 無音というわけにはいきませんでした。ディスクが真円になっていないからでしょうか?でもカププラの平ギヤ伝動より静かです。

 減速比は約50:1になりました。スローが効いて気持いいのですが、モジュールを走らせるには遅すぎますね〜。

画像


 裏側はこうなっています。画像下側は非絶縁側なので集電装置はいらないのですが、通電経路にダイキャスト(ギヤボックス)があるのが気に入らなくてシューを追加しました。

 集電装置をこんな位置につけたのは、床板と飾りフレームを上からかぶせるためです。タイヤ部分にしかシューをあてられないので位置決めが大変でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しいですね!

モーター側は、ゴムチューブでしょうか?
穴熊
URL
2012/08/02 22:42
小型動力では集電ブラシは鬼門ですね。
私の場合も動作不良の原因の一つです。
ベリリウム銅線を使っていますが、半田不良で動いてしまったり、フレームに触れてショートしていたり、色々トラブルがあります。
ozu
2012/08/02 22:46
新しい技術に次々チャレンジするパワーはすごいですね。
私はやっと朝マグの記事を復習させていただいています。
スローも効いて静かな動力。Oナローのお手本ですね。
良いなぁ・・・・
yuzzu
2012/08/03 00:52
おはようございます。コメントありがとうございます。

既成パーツの組合わせでなんとか汎用動力が作れないものかといろいろ試しているのですが、なかなか「汎用」というところまで行きません。

>穴熊さん
モーター軸に細密パイプの1510と2015を重ねて太らせてからイモンのシリコンチューブ(0.9mm)をかぶせてます。
アルのモーター取付台の穴を長穴にしてモーター取付位置を少し下げました。

>ozuさん
集電装置はいつも最後になってしまって苦労します。
ベリリウム銅線いいですか〜?今度買ってみます。

>yuzzuさん
新しい技術などと言われると恥ずかしいです。
Nigel Lawtonのパクリです。
朝マグではありませんが、会合の時に雀鉄式マグネットリンクの材料を持っていってその場でいくつか作ろうと思っています。
さくてつ
2012/08/03 05:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
摩擦伝動 2 アームチェアモデラーの手帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる